世界でいちばん空気がきれいな島、タスマニア州を紹介 ~エコナビ・オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!

タスマニア州の動物「タスマニアデビル」
標準

ひとつの国といえども、訪れる場所によって、まったく違う顔を見せるオーストラリア。それぞれの特徴を州ごとにわかりやすく、手短に紹介していくコラム・シリーズ『オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!』、第5回目は「タスマニア州」です!

タイトルはずばり!↓↓↓

原始の森に包まれた世界でいちばん空気がきれいな島 -タスマニア州-

日本でも大手スーパー等へいくと、「タスマニア産ビーフ」といったようなラベルを目にすることもあるのではないでしょうか?

オーストラリア国内では、唯一孤立した『島』でもあるタスマニア州。お隣は南極というロケーションですから、オーロラだって見えちゃいます!!

タスマニア州は、国内でもひときわ厳しい独自の農業規制基準を設け、安心で質の高い農産物を作ったり、島内の電力の大部分を水力発電で賄うなど、タスマニアならではのエコで素晴らしい取り組みがたくさんあります。

そんな取り組みをいくつかご紹介しながら、気候や生態系などに触れ、州の特徴が手軽にわかるようにまとめてみました。オーストラリア国内の他の州とは違うタスマニア州の“すごさ”がよくわかるコラムになっていると思います。(自画自賛w)

このコラムを読めば、最後の氷河期には本土と繋がっていた名残を探しに、あなたもきっとタスマニアへ出かけてみたくなるはずです!?

原始の森に包まれた世界でいちばん空気がきれいな島-タスマニア州-

原始の森に包まれた世界でいちばん空気がきれいな島-タスマニア州-

About Me
Miki Hirano平野 美紀 
自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。詳細なプロフィールはこちら。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。お気軽にお問い合わせください。

オーストラリアの台所!食の宝庫、ビクトリア州を紹介 ~エコナビ・オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!

コンパクトな地の利と多様な環境が育む‘食の宝庫’-ビクトリア州-
標準

環境情報サイト「エコナビ」で連載中の『オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!』にて、食の宝庫ともいえるビクトリア州を紹介しました!

オーストラリア本土側では最も小さい州であり、国土のわずか3%程度に過ぎないエリアながら、温帯の海洋性から地中海性、さらには、乾燥したステップ気候といった、異なる気候が生み出す豊かな環境に恵まれたビクトリア州。

短い期間でも山から海まで一通りの体験ができるコンパクトな立地なうえ、オーストラリアの台所ともいえる豊富な農産物や海産物が楽しみな州でもあります。

オーストラリアのいいところを凝縮したようなビクトリア州の特徴と魅力が伝われば幸いです♪

※実はこっそり「ビクトリア州政府観光局の日本語サイト」の主なページのライティングを担当させていただいています。テヘッ(=´∀`)

コンパクトな地の利と多様な環境が育む‘食の宝庫’ -ビクトリア州-

コンパクトな地の利と多様な環境が育む‘食の宝庫’-ビクトリア州-

コンパクトな地の利と多様な環境が育む‘食の宝庫’-ビクトリア州-

今回で三回目となる『オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!』シリーズでは、オーストラリア各州の特徴をわかりやすく、手短につかんでいただけたらと思いながら筆を進めています。

この後も、タスマニア州、南オーストラリア州、西オーストラリア州、ノーザンテリトリー(順不同)と続きますので、乞うご期待!?

images: © Visit Victoria / 無断転載不可

About Me
Miki Hirano平野 美紀 
自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。詳細なプロフィールはこちら。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。お気軽にお問い合わせください。

世界最大の珊瑚礁と世界最古の熱帯雨林へGo! ~~エコナビ・オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!

世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ
標準

(遅ればせながら…)あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

環境情報サイト「エコナビ」新年最初の更新として、「オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!」の第三回がアップされました。

自称・オーストラリア通の人でも「知らなかった~」と好評のこのシリーズ、第三回は「世界最大の珊瑚礁と世界最古の熱帯雨林」。

タイトル聞いただけでわかってしまう人も多いかもしれませんね…(^_^;)
そう、日本人によく知られた観光地が多いクイーンズランド州です。
訪れたことのある人も多いのではないでしょうか?

世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフがあるのは、ご存じの方も多いと思いますが、なんと、世界最古の熱帯雨林もクイーンズランド州にあります。

そして、国内でも有数のバードウォッチング天国!
さらに、国内最大級の都会に暮らすコアラ営巣地があったりと、自然たっぷりの州なのです。

住宅地(人間)と野生のコアラの共存という観点では、最も興味深いエリアでもありますし、ちょっと行けば海も森もあり、様々な野生動物に出会える“生き物天国”~♪

動物や鳥、爬虫類など、生き物好きなら目が離せないクイーンズランド州の、知られざる魅力をたっぷりどうぞ!

世界最大の珊瑚礁と世界最古の熱帯雨林 -クイーンズランド州-

エコナビ「世界最大の珊瑚礁と世界最古の熱帯雨林 -クイーンズランド州-」

エコナビ「世界最大の珊瑚礁と世界最古の熱帯雨林 -クイーンズランド州-」

About Me
Miki Hirano平野 美紀 
自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。詳細なプロフィールはこちら。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。お気軽にお問い合わせください。

Risvel 連載コラム、アップ! ~いよいよクライマックス!真田丸 ゆかりの地を歩く

【コラム】 いよいよクライマックス!真田丸 ゆかりの地を歩く
標準

旅行情報サイト「Risvel(リスヴェル)」で連載中のコラム、今回は、初の本格的な日本の旅先紹介(?)となる「いよいよクライマックス!真田丸 ゆかりの地を歩く」です!

実は子供の頃から大河ドラマ・ファンのワタクシ(笑)。
日本に帰国した折に、現在放送されている「真田丸」のゆかりの地を訪ねてきました~♪

長野県と群馬県に点在する「真田丸」のゆかりの地。有名どころを共に、ちょっとマイナーだけど、ぜひ一度訪れてみて欲しいところをご紹介しています。鳥好きさんなら見逃せない、心温まるエピソードも!

もうすぐ最終回の真田丸、これを読んで、ぜひ、ゆかりの地を旅してみてください♪ (*´∀`*)

いよいよクライマックス!真田丸 ゆかりの地を歩く

【リスヴェル連載コラム】 いよいよクライマックス!真田丸 ゆかりの地を歩く

【リスヴェル連載コラム】 いよいよクライマックス!真田丸 ゆかりの地を歩く

About Me
Miki Hirano平野 美紀 
自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。詳細なプロフィールはこちら。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。お気軽にお問い合わせください。

グレートディヴァイディング山脈って知ってる? ~エコナビ・オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!

エコナビ「自然環境を大きく変えるグレートディヴァイディング山脈」
標準

環境情報サイト「エコナビ」で、7月から始まった新シリーズ「オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!」第二回がアップされています。

第二回は「自然環境を大きく変えるグレートディヴァイディング山脈」。

オーストラリアの環境を語る上で欠かせないグレートディヴァイディング山脈ですが、その影響が最も手軽に見られるのがニューサウスウェールズ州です。

グレートディヴァイディング山脈をキーワードに、国内最高峰のコジオスコ山、世界遺産のブルーマウンテンズとウィランドラ湖群地域、恐竜時代から生き残った樹木ウォレマイ・パイン、コトドリやキバタンなどの鳥の習性や大昔に存在した巨大有袋類などにも触れています。

自然環境はもちろん、動植物に興味のある方も、ぜひ読んでみてください!

オーストラリア通の人でも、案外「知らなかった~」と、目からウロコな話かもしれませんよ?!

▼エコナビ連載コラム「オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!」第二回:自然環境を大きく変えるグレートディヴァイディング山脈

About Me
Miki Hirano平野 美紀 
自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。詳細なプロフィールはこちら。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。お気軽にお問い合わせください。

世界で一番ハッピーな動物!「Quokka #クオッカ 世界が撮った小さなともだち」予約受付開始♪

Quokka #クオッカ 世界が撮った小さなともだち
標準

クオッカの写真集が発売されることになりました~!👏👏

The happiest animal on Earth(地球上で最もハッピーな動物)と言われるクオッカ。そのかわいらしさと人懐っこさで世界中の人々を虜にしています。

写真SNSのInstagram(インスタグラム)で、「かわいい~」とブレイクしたクオッカと一緒に撮ったセルフィー写真。世界各国のメディアでも取り上げられ、ますます人気上昇♪

そんな、インスタグラムに続々とアップされた動物と人間の垣根を越えた交流の記録が、1冊の写真集になりました!

本書で、クオッカに会いに行くため&クオッカを知るためのガイド役として、文章を担当させていただきました。また、昨年撮影してきたクオッカだけの写真いくつかとロットネスト島の写真も載ってます。撮影者はインスタグラム・アカウント @Tabimag

発売は9月13日(出荷は14日?)です。が、アマゾンで予約の受付が始まりました!!

写真集というカテゴリーですが、私が担当させてもらった後半部分は、クオッカに会うための旅行ガイドとして十分に役立つ内容になっています。もちろん、クオッカがどんな動物か?ロットネスト島がどんなところか?ということもバッチリ解説。

小さな絵本のようになっていますので、小さなお子さんと一緒に読んでいただくのにもぴったりですし、動物好きの方はぜひ一冊お手元に♪

クオッカとヒト(人)との幸せな瞬間をずっと残しておきたい――
そんな思いから生まれた「Quokka #クオッカ 世界が撮った小さなともだち」。どうぞよろしくお願いいたします!

―― 以下、Amazonの説明より ――

いま、世界が大注目!
オーストラリアの「幸せを運ぶ動物」。
世界中の人々がいっしょに撮ったインスタグラム写真を収録。

“こんな動物、知らなかった” “可愛すぎる” の声が殺到!
動物好きでなくても必見、日本初のクオッカPHOTO BOOK。

ライターの平野美紀さん(オーストラリア在住)による、
「クオッカに会いに行く」ためのやさしい解説付き。

クオッカとは:
オーストラリア(ロットネスト島)に暮らす野生動物。カンガルー科で、お腹の袋で子どもを育てる。
笑っているように見える表情と、外敵がいない環境から「幸せ」の象徴とされる。

 

About Me
Miki Hirano平野 美紀 
自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。詳細なプロフィールはこちら。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。お気軽にお問い合わせください。

コラムアップ!不思議な砂島 モートン島 【Risvel 連載コラム:地球に優しい旅しよう!】

Risvel 連載コラム 野生イルカの餌付けができるモートン島
標準

旅行情報サイトRisvel(リスヴェル)の連載コラムに、新コラムをアップ! 今回は、ブリスベン4部作に関連して、ブリスベンからたった75分で行ける別天地「モートン島」をご紹介♪

野生イルカの餌付けで知られるモートン島ですが、実は、世界で三番目に大きな砂島でもあり、驚きの自然が魅力の島なのです!

ブリスベンやゴールドコーストから日帰りも可能ですが(というか、そういう人のほうが圧倒的に多い)、イルカとのふれあいや島の大自然を満喫するためにも、できれば島内のタンガルーマ・アイランド・リゾートに宿泊して欲しいところ。

ちなみに私は、行った時は必ず泊まってます。なんたって、朝夕の風景も夜の星空も本当にすばらしいんだもの!!イルカたちはホントにかわいいし、ペリカンもひょーきんだし、マジでおすすめです♪( ´θ`)ノ

Risvelのコラムでは、モートン島のおすすめポイントがパッとわかるように、簡単に紹介していますので、さらに興味がある方は、さらに詳しく紹介しているオーストラリアNOW!のほうへジャンプしてください。ぜひそちらもご一読ください!(Risvelコラム内からリンクあります)

野生のイルカに、真っ白な大砂丘!不思議な砂島 モートン島

ちなみに、この取材は中国/日本マーケット向けのメディア・ツアーだったのですが、なんと日本人は私ひとり!

いやぁ、カルチャーギャップというか、なんというか、、いろいろと大変でした。。圧倒的に多数に無勢な状況の中、日本人代表として(?)なんとか乗り切ってきましたよ(笑)

ここだけの話だけど…食事中に急に電話かけだすとか、食事中にいきなり買い物いっちゃうとか。。みんなすごい自己主張強いの、、、(^_^;)

そんな取材の様子もちょっと想像していただきながら、コラムを読むと楽しさ倍増!?・・・するかもしれません。。( ̄▽ ̄)

About Me
Miki Hirano平野 美紀 
自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。詳細なプロフィールはこちら。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。お気軽にお問い合わせください。