コラムアップ!不思議な砂島 モートン島 【Risvel 連載コラム:地球に優しい旅しよう!】

Risvel 連載コラム 野生イルカの餌付けができるモートン島
標準

旅行情報サイトRisvel(リスヴェル)の連載コラムに、新コラムをアップ! 今回は、ブリスベン4部作に関連して、ブリスベンからたった75分で行ける別天地「モートン島」をご紹介♪

野生イルカの餌付けで知られるモートン島ですが、実は、世界で三番目に大きな砂島でもあり、驚きの自然が魅力の島なのです!

ブリスベンやゴールドコーストから日帰りも可能ですが(というか、そういう人のほうが圧倒的に多い)、イルカとのふれあいや島の大自然を満喫するためにも、できれば島内のタンガルーマ・アイランド・リゾートに宿泊して欲しいところ。

ちなみに私は、行った時は必ず泊まってます。なんたって、朝夕の風景も夜の星空も本当にすばらしいんだもの!!イルカたちはホントにかわいいし、ペリカンもひょーきんだし、マジでおすすめです♪( ´θ`)ノ

Risvelのコラムでは、モートン島のおすすめポイントがパッとわかるように、簡単に紹介していますので、さらに興味がある方は、さらに詳しく紹介しているオーストラリアNOW!のほうへジャンプしてください。ぜひそちらもご一読ください!(Risvelコラム内からリンクあります)

野生のイルカに、真っ白な大砂丘!不思議な砂島 モートン島

ちなみに、この取材は中国/日本マーケット向けのメディア・ツアーだったのですが、なんと日本人は私ひとり!

いやぁ、カルチャーギャップというか、なんというか、、いろいろと大変でした。。圧倒的に多数に無勢な状況の中、日本人代表として(?)なんとか乗り切ってきましたよ(笑)

ここだけの話だけど…食事中に急に電話かけだすとか、食事中にいきなり買い物いっちゃうとか。。みんなすごい自己主張強いの、、、(^_^;)

そんな取材の様子もちょっと想像していただきながら、コラムを読むと楽しさ倍増!?・・・するかもしれません。。( ̄▽ ̄)

About Me
Miki Hirano平野 美紀 
自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。詳細なプロフィールはこちら。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。お気軽にお問い合わせください。

エコナビで新コラム開始!新シリーズ「オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!」

エコナビ新シリーズ「オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!」
標準

環境情報サイト「エコナビ」で新コラムを開始しました!

新シリーズは「オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!」。

雄大な自然やその特徴、地域によって異なる環境とそこで育まれてきた独自の生態系にスポットを当て、オーストラリアの魅力を再発見してもらえるような内容にしていけたら、と思っています。

第一回は「知っているようで、意外と知らないオーストラリアという国。

タイトルの通り、よく知られた国でありながら、意外とみんなが知らないことがいっぱいあるオーストラリアについて、のイントロ的な内容になっています。

今回のシリーズのコンセプトは以下のような感じです。
これまでの連載同様、どうぞよろしくお願いします!

7つの州と準州、そして、首都特別地域からなるオーストラリア。
日本の約20倍もの面積を誇る広大な国土には、熱帯から温帯、そして乾燥(砂漠)気候など、寒帯(亜寒帯を含む)を除いた地球上でみられるほとんどの気候帯が存在します。また、南半球にあるため、日本とは季節が逆。理論上ではわかっていても、実際に体験してみると不思議な感じがするかもしれません。

そして、以前のシリーズ「オーストラリアの野生動物保護」でもご紹介したように、この国には、ゴンドワナ大陸から引き継いだ自然が残ることから、他の大陸では見られない固有の動植物がたくさん見られますが、こうした生態系にも気候の違いが強く影響しています。そのため、地域ごとにも独自性が強く現れ、かなりユニーク!

こうした地域によって異なる自然環境とそこで育まれてきた独自の生態系にスポットを当て、各州の特徴を中心にご紹介していきたいと思います。

エコナビ「オーストラリアのユニークな自然環境に迫る!」

About Me
Miki Hirano平野 美紀 
自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。詳細なプロフィールはこちら。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。お気軽にお問い合わせください。

ブリスベンのコラム4部作、ついに完結!?【海外旅行情報サイトRisvel 連載コラム】

標準

海外各地の旅行情報サイト「Risvel」の連載コラムで、5月末から書いてきたブリスベンのコラム4部作。先日最後となる4回目のコラムをアップしました!

とりあえず、Risvelでのブリスベン関連コラムはこれにて(とりえず)完結です♪( ´θ`)ノ

ラグビー観戦から、おすすめのカフェ&レストラン、そして、見逃せない観光スポット&アクティビティなどをご紹介しています。

ブリスベンにはまだ行ったことない!という人はもちろん、ブリスベン・ファンの人もぜひ、チェックしてみてください。ブリスベンの新しい顔を発見できるかもしれませんよ?

brisbane1【第一回】変貌するリバーシティ・ブリスベンで、熱血ラグビー観戦!

brisbane2【第二回】朝食&ランチにわざわざ行きたい!ブリスベンのカフェ&レストラン

brisbane3【第三回】雰囲気バツグン!ディナーにおすすめ ブリスベンのレストラン&バー

brisbane4【第四回】ブリスベンを120%満喫する!おすすめスポットとアクティビティ

Risvelでのブリスベン・コラムは、とりあえずここまでとなりますすが、「オーストラリアNOW!」のほうでは、引き続きブリスベン関連の記事もアップしていく予定ですので、ブリスベン・ファンの皆さん、お楽しみに~♪

About Me
Miki Hirano平野 美紀 
自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。詳細なプロフィールはこちら。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。お気軽にお問い合わせください。

オーストラリアNOW! 完全リニューアル!ついでにこのブログもリニューアル♪

オーストラリアNOW! 旅行情報サイト
標準

1998年から運営してきたオーストラリア情報サイト「オーストラリアNOW! 」ですが、独自ドメインで運営し始めて、早6年。

もうお気づきの方も多いかと思いますが・・・

今月8日より、「オーストラリアNOW! 」が完全リニューアル!!!\(^o^)/\(^o^)/

こちらもずーっとやろう、やろう、と思っていて、なかなかできなかったデザイン変更とモバイル対応対策を、会社のウェブサイトをリニューアルした勢いで、エイヤっ!とやってみました~p(^_^)q

・・と簡単にやったように言ってますが、(たしかに会社のウェブサイトは割と楽にできたんですけど…)ひっさびさにPHPとかCSSとかのコードやタグと格闘し、頭がジンジンしながらやっていたのでした、、今もジンジンしてるけど…(^_^;)

もともとのサイトも一応、なんとかモバイル表示にはさせてはいたのですが、無理矢理だったため、早く完全モバイル対応にしなければ!とずっと思っていたので、これを機に「オーストラリアNOW! 」もモバイル・フレンドリーなデザインに。

そしてついでなので、このブログもモバイル・フレンドリー・デザインにしました!

…って、このブログ見てる人はデザイン変わったの、もうとっくに気づいてますね。。

オーストラリアNOW!は、カラフルで楽しい感じにしてみました。トップページでは、オーストラリア関連のビデオ(動画)を挿入し、定期的に新しい動画をご紹介していこうと思っています。(現在、自動再生になっているのですが、どう思いますか?)

そしてこのブログは、モバイル・ファーストで、モバイル表示優先のデザインになっています。見にくい点などありましたら、ぜひ、ご意見お聞かせいただけるとうれしいです。

また、オーストラリアNOW!もこのブログも以前のデザインのままのページが少し残っていて、まだまだお見苦しい点がありますが、徐々に改善していきますので、気長に温かい目で見守ってくださいませ。。。

オーストラリアNOW!、会社のサイト、そしてもちろんこのブログも、今後ともご愛顧いただければ幸いです♪

オーストラリアNOW!トラベル

About Me
Miki Hirano平野 美紀 
自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。詳細なプロフィールはこちら。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。お気軽にお問い合わせください。

会社のウェブサイトをリニューアルしました!

オーストラリア取材・ロケ・撮影コーディネート ウェーブ・プランニング
標準

ずーっとほったらかしにしていた会社(Wave Planning Pty Ltd.)のウェブサイトをリニューアルしました~

先月20日より新規オープン(?)しています。
1ヶ月間、不具合などをチェックしながら様子を見てきましたが、もうたぶん大丈夫のよう… ヤタ\(^o^)/

今回、重い腰を上げて、完全に一から作り直したのですが、今時はモバイル・デバイス(スマートフォン=スマホやタブレットなど)で見ている人が増えているので、完全モバイル・フレンドリーに!

レスポンシブ・デザイン(見る環境、画面サイズによって勝手に調節する仕様)なので、どんなデバイスでご覧いただいても見やすく表示されるはずです… が、もしうまく表示されなかったら、ぜひ教えて下さい。

トップページは、オーストラリアにもこんなところがあるんですよ~ということで、ちょっと「秘境」ぽい感じの写真を使ってみました。

そして、会社サイトのほうでもちょっとしたブログ・コーナーがあります。このブログとどのように差別化していくか、まだ試行錯誤しておりますが、こっちはたぶん、これまで通り、くだけた感じでやっていこうと思っています。(いや、どっちもくだけてるっしょ!というツッコミはなしで…(^_^;))

また今回は、サイト自体の構造やデザインだけではなく、きちんと業務内容や業績なども明記し、ご要望の増えつつある分野に最適なサービスが提供できるよう、これまで以上にがんばっていく所存です。

会社共々、今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪

オーストラリア取材・ロケ・撮影コーディネート Wave Planning (ウェーブ・プランニング)

About Me
Miki Hirano平野 美紀 
自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。詳細なプロフィールはこちら。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。お気軽にお問い合わせください。

コラムアップ!オージーを魅了する、世にも美しい “桜色に染まる国” 【Risvel 連載コラム:地球に優しい旅しよう!】

祇園の桜
標準

 今回の旅行情報サイト「Risvel リスヴェル」で連載中のコラム:地球に優しい旅しよう!では、これまでとちょっと違った視点の記事をアップしています。

 それは、オージーから見た日本の魅力。

 北海道や長野へ、スキーに訪れるオージーが多いのは、もうご存知と思いますが、実は、じわじわと人気が高まっているのが、春の日本。

 オージーたちが熱い視線を送る春のニッポン!
 そう、桜の季節です!

 近年、じわじわと人気が高まっている桜の季節を旅する日本ツアーの実情を、美しい京都と姫路の桜と共にご紹介しています。 どんな風に人気なのか?は、コラムをお読みいただくとして・・・

 記事の中では、以前、日本のあちこちを旅した時に撮った『桜の風景』をアップしています。
 京都と姫路城は、運よく、ちょうど満開で、とてもきれいでした!
 ぜひ、桜色に染まる美しい国・日本をご堪能ください♪

オージーを魅了する、世にも美しい “桜色に染まる国”

リスヴェル連載コラム:オージーを魅了する、世にも美しい “桜色に染まる国”

About Me
Miki Hirano平野 美紀 
自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。詳細なプロフィールはこちら。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。お気軽にお問い合わせください。

コラムアップ!もうひとつの“世界の中心”、息を呑む絶景!キングスキャニオン 【Risvel 連載コラム:地球に優しい旅しよう!】

もうひとつの“世界の中心”、息を呑む絶景!キングス・キャニオン
標準

 旅行情報サイト「Risvel リスヴェル」で連載中のコラム:地球に優しい旅しよう!で、日本ではまだあまり知られていない絶景「キングスキャニオン」の記事をアップしています。(報告がめちゃめちゃ遅れております。。)

 記事のタイトルは『もうひとつの“世界の中心”、息を呑む絶景!キングス・キャニオン』。

 実は、キングスキャニオンは、2004年に映画化され、一大ブームを巻き起こした「セカチュー」こと、『世界の中心で、愛をさけぶ』と関連が深~いのです!

 そしてなりより、地球の長い歴史が創り上げたむき出しの地層を、この目で間近に見られる貴重な場所でもある「キングスキャニオン」。その素晴らしい星空もアップしました♪

 その理由は、コラムで。
 日本ではまだまだ知られざる雄大なオーストラリアの自然、その絶景をぜひご堪能ください!

もうひとつの“世界の中心”、息を呑む絶景!キングス・キャニオン

※また、キングスキャニオンの詳細レポートは以下でお読みいただけます。ウォーキングの装備やキャンピング・ツアーの紹介もしていますので、ぜひ、あわせて読んでみて下さい!

Day 9 もうひとつの“世界の中心”、キングスキャニオン(ワタルカ国立公園)で絶叫ウォーク!? -シドニー~ダーウィン21日間 7千キロ

About Me
Miki Hirano平野 美紀 
自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。詳細なプロフィールはこちら。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。お気軽にお問い合わせください。