再び 『 ツチノコ 』 現る!?

アオジタトカゲ
標準

※この記事は、ODNトラベル内公式ブログ「シドニー海外生活ブログ」から移転した「シドニーの達人」ブログへ、2006年9月24日に掲載したものです。本日、リンクが切れていた画像を入れ直し、再アップしました。

 庭掃除をしていた時に、突然現れた奇妙な生物。日本では2億円という懸賞金が掛けられている『ツチノコ』そっくりのその生物が、またまた出没!!

 アワアワしていた初対面の時と比べ、今度は落ち着いた(?)態度でそいつに臨み、デジカメを構えて超接近激写を試みた! 20cm程度からまず最初のシャッターを切る。まだまだ近づけそうだ。さらに距離を縮めて15cm。こっちを見ているが、まだ近づけそう。ええい!一気に5cmの超接近!!

アオジタトカゲ
アオジタトカゲ

再び登場!のアオジタくん。

…したらば、シャーッとヘビのように威嚇され、ヤツのシンボル“青い舌”を出してアッカンベーされてしまった(>_<)。

アッカンベーをするアオジタトカゲ

必見!アオジタ・トカゲのアッカンベー。
しかし、、トカゲにアッカンベーされるとは…(^^;

 やっぱり我が家の敷地内に棲んでいる模様。出掛けている間放置され、雑草が延びっ放しになっている荒れ放題の庭がお気に入りのようで、出たり入ったりして楽しんでいる。なんだかカワイイ♪(…あれ?こんな不気味な生物がかわいく思えてくるなんて??)

 近づいて話しかけるところまではできるようになったけれど、触るのはまだちょっとカンベンして欲しい感じ。ツルツル、ヌルヌル感が空気を通してでも伝わっくるような気がして、想像しただけで鳥肌立ってくる…(苦笑)。

 やーしかし、こんな微笑ましい(?)様子を見ているとなんだか愛着湧いてきますね。

 このツチノコそっくりのアオジタくん。日本の爬虫類マニアな方々には、とても人気があり、何十万円(…いや、もっとかも?…)もする高価なお品(…じゃなくてペット)なんだそうな。ん?ってことは、すごいお宝じゃない!気持ち悪がってないで、大事にしなきゃ。

 でも、見れば見るほどツチノコそっくり

 同じアオジタ・トカゲでも俗に言う“キタ(北部という意味)”は、顔と胴体の付け根あたり(要するに首ですね)が結構クビれててトカゲっぽいけれど、この我が家に生息している“ヒガシ(東部)”という種は、胴体が頭に比べてかなり太い体型でよりツチノコっぽい。

 もしかして、ツチノコって、昔にこの種がこっそり日本に持ち込まれてひょっこり姿を現したのかも?と思えてくるナー。ツチノコの正体見たり!?

ツチノコ―幻の珍獣とされた日本固有の鎖蛇の記録

About Me
Miki Hirano平野 美紀 
自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。詳細なプロフィールはこちら。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。お気軽にお問い合わせください。

再び 『 ツチノコ 』 現る!?」への34件のフィードバック

  1. さくらきのり

    上の写真は結構可愛いけど、下の写真。
    舌の青さにビックリ。鳥の羽等を除いて動物にあんな青い色って珍しい。
    それに目がスゴイ。目なのかアイラインなのかは別として・・・・

  2. Miki

    ほんと、すごい青ですよね!
    日本でアオジタって呼ばれるのがよくわかります。
    目の横の模様が目のように見えると思いません?
    でも、さくらきろりさん「結構可愛い」って…(^^;
    もしや爬虫類好き??

  3. Tiko

    >さくらきろりさん「結構可愛い」って…(^^;
      もしや爬虫類好き??
     いやいや、さくらきのりさんが好きなのは
    アイラインのきついオネーサンの方で・・・?

  4. さくらきろり

    こう見えても私、アイラインのきついオネーサンはそんなに好きっていうほどではございません。
    “キタ”君より“ヒガシ”君の方がなんとなく私に体型が似てるもので・・・・・
    それより拙者(接写)びっくりしました。
    本当に20cmや5cm???
    彼の大きさにもよりますが、ベロで舐められちゃう距離でないの??
    キモチ悪くない???

  5. Tiko

    さくらきのりさん、推測でモノを言って
    申し訳ありませんでした。
    さて、生き物の性体験、おっと変換間違い、生態系に
    興味と知識と造詣の深いワタシは、なぜこのアオジタ君の
    舌はあのように鮮やかな青なのかと、推測、おっと推測はまた失敗
    するので、深く静かに耽考する。。。
    ①夜行性なので舌を延ばして獲物を捕る時、
      青い月あかりの下で目立ちにくい?
    ②獲物の好物の『青ミミズ』と似ているので、獲物の方から
      寄って来る?
      ↓ここで青ミミズの写真発見! トカゲ君の舌とクリソツ!
       http://carlife.carview.co.jp/User.asp?UserDiaryID=690623
    ③これが赤いと、『アカシタ』となり、すでに『アカシタ・ヒラメ』
      という先輩がおり、この先輩はムニエルで美味しい、との評判!
      しかし人気をまんまマネもシャクなので、ちょっとひねって逆の
      青にした。(タレントの芸名もこんなのがいて、おもしろい、ハハ)
      また類似名でヒラメと間違えられ、ムニエルにされる
      のもゴメンだ。
      ・・・こんなところかな。。。

  6. Tiko

    さくらきのりさん、推測でモノを言って
    申し訳ありませんでした。
    さて、生き物の性体験、おっと変換間違い、生態系に
    興味と知識と造詣の深いワタシは、なぜこのアオジタ君の
    舌はあのように鮮やかな青なのかと、推測、おっと推測はまた失敗
    するので、深く静かに耽考する。。。
    ①夜行性なので舌を延ばして獲物を捕る時、
      青い月あかりの下で目立ちにくい?
    ②獲物の好物の『青ミミズ』と似ているので、獲物の方から
      寄って来る?
      ↓ここで青ミミズの写真発見! トカゲ君の舌とクリソツ!
       http://carlife.carview.co.jp/User.asp?UserDiaryID=690623
    ③これが赤いと、『アカシタ』となり、すでに『アカシタ・ヒラメ』
      という先輩がおり、この先輩はムニエルで美味しい、との評判!
      しかし人気をまんまマネもシャクなので、ちょっとひねって逆の
      青にした。(タレントの芸名もこんなのがいて、おもしろい、ハハ)
      また類似名でヒラメと間違えられ、ムニエルにされる
      のもゴメンだ。
      ・・・こんなところかな。。。

  7. Tiko

    >↑あっ!くどいコメント!
     ちょっと④がね、くどかったね。
    でも①、②は正統派だと思いますがね。。。
     Wに上がってしまったのが
    余計に印象をくどくしちゃったね、チェッ。。。

  8. Tiko

    2つ上の④は誤り、③でした。すみません。
    ?いつの間にか『きろり』さん登場ですが、
    どうも初心者っぽくない?
    これも、冒頭から2段目のMikiさんが
    震源地??

  9. Tiko

    またー、garaさん!
    この人も、なんか初心者っぽくない??
     でもホント『きろり』さん、カワユイ。
    デュオ『キロロ』みたい。

  10. Miki

    あれぇ~、なんかまた違うところで盛り上がってるぞ?
    > 本当に20cmや5cm???
    > 彼の大きさにもよりますが、ベロで舐められちゃう距離でないの??
    > キモチ悪くない???
    結構近くまで寄りましたよ!勇気を出して(笑)
    コンパクト・デジカメの接写モードがこれほど活躍したことはなかったかも?
    でも、何枚も撮って、そのほとんどはブレブレですけど(笑)

  11. Tiko

    >そのほとんどはブレブレですけど(笑)
     けっこう草むらの日陰のところのようなので、
    ブレの原因は腕前ではなくて、露出不足ですよね、Igarashiさん、
    コンパクト・デジカメのオートモードの場合。
    1/8とか、手持ちではおっそろしースピードになってる。。。

  12. gara

    おじさん、おばさん。
    今やコンパクト・デジカメ業界はブレ防止機能のオンパレードです。
    高感度にしても荒れないとか、ジャイロ内蔵とか、ブレの軌道を計算して補正するモノまで有ります。
    でも、大事なのは肘を体に付けて、人差し指だけではなく、5本の指に均等に力を入れ包み込むようにシャッターを切る事。

  13. Miki

    おばさん…、うぐっ(絶句)
    今持ってるデジカメ比較的新しいんですけど(たぶん昨年買った)、手ぶれにムチャクチャ弱いです…。
    あと夜とか薄暗いところにもメチャメチャ弱い…(涙)。
    なので、新しいのを買おうと思っていたところなんです!
    おすすめがあったら教えてください!>all

  14. Tiko

    おなじく、
    >おじさん・・・、これ、私のコメント担当ですね。
     そりゃーIgarashiさんは専門家だもんね。詳しいワケ。
    ところが、そんなハイテク新鋭機、こちらでは
    手に入らないんですよ、日本から出張して来る人に
    H/Cでもお願いしない限り・・・。
     シドニーは、でも、もっと都会でしょ?
    私のとこでは周囲はマングローブの密林なので
    ジャイロ内蔵・・・というか、蛇色。。。
     しかし、
    >大事なのは肘を体に付けて、人差し指だけではなく、
     5本の指に均等に力を入れ包み込むようにシャッター
     を切る事
     ↑これ、いただけますねー。
     半押しで撮影条件やフォーカスをロックした後は
     『押す』ではなくて、指の腹に力を入れる気持ち
     自然にシャッターが下りる、のが極意だと聞いています。
       

  15. gara

    デジカメはバッテリー充電しないといけないから、密林で電気の無いTikoさんは無視して。
    画質と色合いはOLYMPUSが良いですけど、ブレに関してはPanasonicがなかなかですね。

  16. gara

    そうそう、私の年齢的に美紀さんは、お嬢さんです。
    おばさんではないので、絶句しないで下さい。
    小姐

  17. Miki

    シドニーも田舎ですよぉ(笑)
    日本製(ブランド)のデジカメが主流ですが、ほとんど型落ちです。
    最近は以前に比べれば新製品が入ってくるのが早くなりましたが、すごく高いですし。
    > 画質と色合いはOLYMPUSが良いですけど、ブレに関してはPanasonicがなかなか
    やっぱり!プロの意見は参考になるなぁ。ありがとうございます!
    私的には、パナかキヤノン?とか思ってたんですが、オリの画質は初代デジカメで実証済みだったので、捨てがたい気もしてたんです。
    『小姐』(むふっ)、お気遣いありがとうございます(笑)

  18. さくらきのり

    「きろり」改め   さくらきのりです。
    私にのは昨年買ったPana・・・の「あゆ」のです。
    器械より腕がもうひとつ。構図が難しいです。
    プロの意見は参考になりますが、大相撲はそうはいきません、プロのくせに「アマ」に負けた人が大勢居ます。

  19. gara

    Tikoさんは竜宮城の浦島太郎、美紀さんは乙姫様なので解りませんよね。
    Panaは浜崎あゆみ(あゆ)がコマーシャルに出ていて、大相撲は今場所安馬(アマ)という力士が活躍しました。
    構図は何かな?多分そのまま?
    ※解説 Igarashi

  20. Tiko

    『あゆ』『アマ』、
    そーでしたか、ご解説ありがとうございました。
    ホントに分から?なかったです。
    『あゆ』はこちらで『浜崎歩』、CD売れてるようだし、
    携帯の呼び出し音楽にしているお嬢ちゃんも見かけました。
    『安馬』もそう言えば聞いたこと(NHKワールドのニュース)
    あります。『国技』とか昔言ってた大相撲も、今は
    横綱はおろか、3役上位陣や人気力士は殆ど外国人、だとか。。。

  21. sakurakinori

    Igarashiさんの解説のとおりです。
    構図はそのままです。
    構図と表現して良いのか分かりませんが、感動し写真を撮ってみると普通の風景になっているのです、いつも。
    浜崎歩ってTikoさん今 深土川(シンセン)ですか。
    タイなら「ハマサキーアユミー」かな?

  22. Tiko

    >タイなら「ハマサキーアユミー」かな?
     そうですね、外来語は語尾が上がったり、
    延ばしたりする発音の特徴がありますね。
    ①ペプシ → ペプシー
    ②豆腐  → トーフー
    ③鯖   → サーバー
    失礼、②、③は外来語じゃないそうですが、
    こうして書いてみると、まるで外来語みたいじゃありませんか?

  23. gara

    >構図と表現して良いのか分かりませんが、感動し写真を撮ってみると普通の風景になっているのです、いつも。
    私、写真学校の時は劣等生でして、風景写真をプリントして先生に見せると、バサバサ切られて1/5の大きさにされていました。
    風景は引き算だと言います。見ている風景の何処に感動しているのか、絞り込んで撮影すると良いかと思います。
    その点美紀さんの写真は主題に迫って行くプロの仕事ですね。

  24. Miki

    うわーい乙姫様♪やりたい!(←違うって…(^^;)
    「あゆは28ミリ」!CM見た~(←ちょっとエラそう)
    安馬はTikoさんと一緒でNHKニュースで(こっちでは多言語放送局のSBSでやってます)知ってます!
    …といっても詳しくは知らんけど(苦笑)
    そういえばタイで一番ウケたのは「カメラー」でしたねー(笑)
    しばらく家で「カメラー」ってのが流行っていました(爆)
    garaさんの仕事は「カメラー」って言わなきゃ!?
    > 風景は引き算
    うーん、勉強になる!
    「主題に迫っていく」ってのは、アオジタの青い舌に、ですね!はい、頑張りました!!\(^^)/

  25. Tiko

    >バサバサ切られて1/5の大きさに・・・
     こりゃー分りやすいですね。
    文章もそうだと思います。刹那的な感動や興奮で
    つい渾身の力筆となることしばしばですが、時を置いて
    推敲すると、必要なことはほんと、1/5くらい・・・
    このあたりは文筆のプロ、Mikiさん、そういうもんですよねー。
    『表現』というものは『創造』という概念がありますが、
    逆に『そぎ落とし』だと、実は思います。
    物事に対峙して、自分の心に見えているものは何か?
    何がジャマをしてそれが見えにくくなっているのか、
    それらをそぎ落とせば、おのずと(自分の恣意的な創造
    によらなくても)イメージの輪郭が顕示されてくるものだと、
    彫刻家の仕事をみるときいつも明快な痛快さを覚えます。
    素材から作品に完成した時も、1/5くらいになっていますよね。。。
     あと、カラオケへ言って歌唱表現をした後も
    おサイフの中味が1/5くらいになっていますし。。。

  26. Igarashi

    >カラオケへ言って歌唱表現をした後も
    おサイフの中味が1/5くらいになっていますし。。。
    それは、おネーチャンのいるカラオケクラブへ行くからでしょう。

  27. 私がいたんですね!!
    おっと、初めまして。つちのこです。
    いや~びっくりしました。ず~っとハンドルネームをつちのこで通してます。自然大好きでケニアに憧れてます。オーストラリアも珍しい動物がいっぱいいて、素晴しいですね。
    今後もブログ楽しみにしてます (^^♪

コメントは受け付けていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です